リコネクティブ ヒーリングについて


「リコネクティブヒーリングってマニアック〜」

 

いつだか、ある人からそう言われました。

 

 

ヒーリング、スピ業界のことは正直あまりよく

知りませんが、数あるエネルギーヒーリングの

中でも、リコネクティブ ヒーリングはちょっと

特殊らしいのです。

 

世界各国様々な場所でセミナーも開催してますし

人口はかなりいると思うのだけど、

 

何が特殊なのか?

 

それは。。。

 

 

変なアメリカ人が伝えて歩ってるから…

 

ジョーダンですw

 

 

確かにあの方々はかなり宇宙的で

個性的ですが、それとは関係なく、

 

おそらく広告とか宣伝とかの話は別として、

知る人ぞ知る本当に縁ある人が惹きつけられ

ていくのかなと思うのです。

 

セッションページでも書いているのだけど、

リコネのエネルギーはとにかく高波動です。

これまでのエネルギーヒーリングのほとんど

を包括したエネルギーと言われていて、

エネルギーの作用やDNAなどに及ぶ作用など

アリゾナ大学やロシアでも研究されてます。

 

実際、様々な症例の改善報告などもあって

量子の世界が様々な分野で活かされていく中

未来の代行医療にもなっていくとも言われて

います。

 

 

 

 

***

 

 

 

 

私自身、自分との向き合いをしていく

中で、いずれのヒーリングもピンと

感じるものはなくてあまり

受けたことがなかったのですが。

 

多くのヒーリングってほら、何か問題点を

見つけてそこに焦点を当てて、人の手で

触れて施述が行われたりますよね。

 

いわゆる対処療法的な施述です。

 

私は以前、インナーチャイルドセラピーを

やっていたことがあったのですが、その

セラピーでやっていたのが、嫌な気持ちや

不調など自分が「問題視」したことに

焦点をあてて行うやり方でした。

 

最初はいいのです。

 

でも何度もやってると、毎回問題点を

出さなきゃならなくて、そうしないと

セラピーできなくて、問題探しして

生み出して解放して・・・

 

なんかそんなループに不思議を感じてました。

 

 

そこで、

 

「そもそも問題視していること自体が

         問題であるのでは?」

 

と気づいたのです。

 

 

意識の世界も肉体の世界もそうですが、

 

問題視=良し悪しなどのジャッジメント

 

これがもっとも人間の可能性に制限を

かけているものでもあります。

 

これが問題を生み出す元というパラドックス

にもなっています。

 

 

量子の世界の動きとして、

 

 

「意図(前提)をおいたことを体験する」

 

 

要は、問題視したのなら、その問題視した世界

を繰り返し体験していくことになります。

信じてることが実現していくんです。

 

 

問題発見 → 証拠集め →対処 →

問題増幅 → 証拠集め →対処 ∞∞∞∞∞

 

 

 

何か、見つけた問題点に対して

判断・証拠生み出しを重ねていくことは、

その問題点への確証となって体験する

実現として具現化していくことになる。

 

自分が何かを問題視し始めると

他者はそれを肯定する手伝いをしてくれます。

 

他者にその判断診断をゆだねることも

不安の穴埋めと問題点への肯定と

なっていくのですよね。

 

それはこの有限の世界の

引き寄せのしくみです。

 

 

 

そのセラピーをやったことで、

インナーチャイルドや過去生のこと

こういった意識のトリック、自分の中の

感度や好みなんかもわかったのでマル

だったのですが。

 

また、多くのセラピーやカウンセリングは

言葉や技術中心に意識を見て探す解放を

促していくことが、私には自然に感じる

ことができず合わなかったんですね。

 

「言葉」とは難しくて、

人それぞれ捉え方やイメージ、感覚は

違うでしょう。

 

 

 

そして、演じることも得意な私には

何でもひとまず感情と直結してなくとも

言葉は言えるし、逆に言葉にならない感情や

ある一語だけでは表現できない感情感覚、

とセラピーの内容とのGAPに疑問でした。

 

感情一つとっても、言語化できない

名もなき感覚は山ほどあって、

それを数限られた言葉や技術的な

中で判断・ジャッジメントしていくこと

は人間の本来持つ意識や感性を捉える

 

のには制限的に感じたんですね。

 

  

そんな時、何か調べごとをしてたら見つけたのが

リコネクティブヒーリングとリコネクションで

諸情報を読んで「あ、これ面白い!」と思って

強く惹きつけられたのを覚えています。

 

そして3日後にはセッション受けてましたw

 

そして、半年後にはプラクティショナーになって

 

1年後にはリコネクションもセミナー行ってます。

 

※リコネクションはアチューメントです。

Cantamosでは現在行っておりません。

 

 

 

そこで、エネルギーについて深く

気づいていくことになりました。

 

 

 

 

 

* **

 

 

 

 

 

リコネクティブ ヒーリングでは、

一切、事前のカウンセリングもありませんし、

お体に触れることもないんですね。

 

それは、「人は完全体である」ことをベースに

いかなる観念や問題点ももたずに、

フラットな意識のままエネルギーに触れる

ことが最もパワフルに意識的にも肉体的にも

変容が促されます。

 

できる限りクライアントさんと施術者の中に

ある事前情報や思考、観念概念を限りなく

省いた状態でシンプルにエネルギー体同士

になって行います。

 

 

クライアントはただ寝てるだけで

エネルギーの温泉に入るようにただ

浴びて、浸って頂くだけ。

 

施術者もただパイプになるだけ、媒介役

になるだけなので何も消耗がないのです。

 

また、施術者の技術もキャリアも関係ない

のでより感覚的にプラクティショナーを

選んで頂くことができます。

 

また、料金は本部側で上下限が決まってます。

 

¥12,000~¥22,000。

 

 

 

 

***

 

 

 

 

私がはじめに受けた時は、セッション中は

まず瞼の痙攣のようなピクピクがありました

エネルギーがビリビリ・チクチクと体の特に

末端で起きていて、光も見えたんだったと

思います。

 

これは、不随意運動反応といって、人それぞれ

感じ方は異なりますがエネルギーを受け取る

ことで起きる反応です。人によりベッドから

落ちそうになるほど動く方もおられます。

また、半催眠状態にも入っているので覚えて

いない方も多くおられます。

 

 

終わった後は、

 

カラダが火照っていたり、冷えたりする方も

いらっしゃいます。

 

また、強烈な睡魔や発熱を感じることも

ある場合があります。

 

そして、人それぞれに感覚の変化や現実の変化

など変容を感じられていくことが多い様です。

 

 

私の場合、スーパーサイヤ人みたいに

髪逆立ってるような、上から髪引っ張られてる

ような・・・感覚になってましたw  

その日にあった友達には、

インターホンのカメラ越しに

「やばい顔だね〜ドン開いてるよ〜」と

言われるほどで^^;

 

その後立て続けにヒーリングと

リコネクションを受け、

私の場合は後に霊覚醒に至ったのですが、

施術後のエネルギーや意識感覚の変化など

を踏まえると、これが加速させたかな…

と感じてます。

 

もちろん全体の流れの中の必然の

出会いでもあるの事実。

 

私が感じる限りではリコネクティブ

ヒーリングはとにかくパワフルなのは

間違いなく言えます。

 

数ヶ月前にたまたま施述を受ける機会が

あったのですが、終わった後ヒーリングに

入りすぎてフラフラで改めて関心しちゃい

ました。

 

 

 

 

リコネ本部サイドでは、「〜になります」と

効能的なことはあまり公言していません。

 

それは、それぞれの魂、それぞれの潜在意識に

お任せして、それぞれのタイミングでベストな

調整・調和が加速されて起こるから。

 

全体のエネルギーの加速、魂の目覚めの加速

気持ちや状況解放の場合もあるかもしれません。

ジェットコースターに乗ったように加速する

方もいます。

 

そして、リコネクティブ ヒーリングは多くても

3〜4回セッションを受ければもう十分で、

その後にどんどん加速は進みます。

 

 

とっても宇宙のシステムを宇宙らしくシンプル

に、もう何も考えずに、ポンと何かを目の前に

置くように、空気を吸うように受けることが

できるヒーリングです。

 

本当、楽だしパワフルです。

ご興味ある方は一度、受けてみると楽しいですよ。

 

 

 

追記:リコネクティブヒーリング・リコネクション資格取得しましたが

資格制度の概念わからなくなったのと、より開かれ続けるエネルギー

でオリジナル名称ではじめたので資格表記は消しました→Menu

 

 

 

 

 

Love and Hug